ネガティブであれ?

アイデアの作り方


「彼とこのまま付き合っていくべきでしょうか…」
なんてことをあなたが悩んでいるとします。さて、占い師に占ってもらうことにしましょう。
さて、あなたはどっちの占い師に占ってもらいますか!?
Aさん:30%の確率で当たり、値段は1000円
Bさん:60%の確率で当たり、値段は2000円
どっちかというと、こちらを選んだ方がいいという答えがあります。
その前に…

■ ネガティブは眠ったポジティブ?

【引用】バットとボールを持った少年が、「ぼくは世界一のバッターだ!」と叫びながら、自分でボールをトスして打とうとして、空振りする。少年はもう一度、「ぼくは世界一のバッターだ!」と叫びながら、ボールを打とうとして空振りする。そしてまた、「ぼくは世界一のバッターだ!」と叫んで、ボールをトスして空振りする。少年はまた叫ぶ−
「僕は世界一のピッチャーなんだ!」
つまり、こういうことだ。
自分自身のネガティブな面(マイナス面)を、眠っているポジティブな面(プラス面)として考える。
【出典】阪急コミュニケーションズ『シェイク・ブレイン』P188-189 著:ジョエル・サルツマン 訳:斉藤裕一

お気づきの方もいらっしゃるかもしれません。
元ネタは『ホンマでっか!?TV』…だったように思うのですが、すみません。
で、占い師の解説。
A:30%の確率で当たり、値段は1000円
B:60%の確率で当たり、値段は2000円
Aさんで占ってもらいましょう。
1000円で安いですしね。それにほら、Bさんに占ってもらうことを考えれば2回も占ってもらえるし、占いにそんなにお金かけられないでしょ?
1000円ぐらいが気軽でいいじゃないですか…なんてね。
本当の理由は違います。
「彼とこのまま付き合っていくべきでしょうか…」
『YES or NO』で答えられるような質問なら、Aさんに占ってもらいましょう。Aさんが、
「別れるべきです」
といえば付き合っていればいいのだから。
「30%の確率で正解」ということは、その裏は「70%の確率で正解」です。
逆を考えるだけで、
A:70%の確率で当たり、値段は1000円
B:60%の確率で当たり、値段は2000円
Aさんに相談するのが良さそうです。

■ ネガティブであれ

「文章が書けない」
ブロガーさんでそのように悩んでいるなら、そのネガティブな面が活かせるかもしれません。
写真で勝負したり、音声、むしろ動画で勝負しちゃう。
目をひきますよね。
世界一のバッターになれないのは、世界一のピッチャーになれるからかもしれない。
あなたはどんな欠点を持っているのですか?
リフレーミング、見方を変えればそれは強みになるかもしれません。
不細工?
それは変に高嶺の花にならずに、人のふところにとんでいける資質かもしれません。

【引用】ネガティブなものをかかえている?
ポジティブになれ。
さらにいっそのこと……
ネガティブであれ。
【出典】阪急コミュニケーションズ『シェイク・ブレイン』P209 著:ジョエル・サルツマン 訳:斉藤裕一

ネガティブな面をそのまま受け入れ、活かすことを考えてみませんか?
今年もアイデアホイホイありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
よいお年を♪


« »

コメントを残す