セブン&アイ・ホールディングスCEOのアンダーライン

アイデアの作り方

[`evernote` not found]
LINEで送る

【概要】本を読んでいて自分が納得できる部分は、すでにその域に達していること。得るものは少ない。

セブン&アイ・ホールディングスCEOの鈴木敏文さんは、多読家だそうです。上に立つ人が努力家の勉強家じゃ、ほんと追いつけないですね。

■ セブン&アイ・ホールディングスCEOのアンダーライン

鈴木敏文さんですが、読書のときアンダーラインを引くそうですが、千石のように「納得だ…」という部分ではありません。
むしろ逆。

【引用】アンダーラインを引く箇所は、決まって「自分の考え方とは異なる箇所や反対の意見」だそうです(『朝令暮改の発想』新潮社)。
同感できる箇所とか、「その通りだな」と納得する部分を見出していても、実はあまり意味がない。
「同感できるということは、自分もその考え方に達しているわけですから、そこから得るものは少なく、それ以上の発展はあまり期待できません」ということなのです。
【出典】永岡書店『すぐやる化習慣術』P109-110 著:夏川賀央

孫引きですみません。
確かに…でしょ?納得している部分は、自分の考えがそこに達しているのだからアンダーラインを引く必要はない…納得です。
…これについても納得しているから引かなくてもいいのかな?…あぁぁ、混乱してきた。

■ アイデアは情報のシェイクから

アイデアは既存の知識の組み合わせにすぎないのだから、そのパーツ(既存の知識)の量で閃くバリエーションが決まってきます。
そして同じ種類のものを組み合わせてみても、あまり面白い化学変化は起きません。
砂糖水にキシリトールを入れてもより甘くなるだけ。
突飛なところからの組み合わせが、面白いものを生み出しそうです。
となると、勉強すべきはどこなのか?頭に入れるべき情報はどんなものなのか?
自分が納得できない種類のものです。
これが難しいんだ。読むスピードは上がらないし、納得できないから当然心に落ちた感じがしないしね。
でも、鈴木敏文さんの話を聞いた今となっては、「ラッキー!理解できるけどまったく納得できない!」という気持ちで向き合えそうです。
嫁「私にとっては『アイデアホイホイ』だね」
千「俺にとってはお前だね」
嫁「………」
千「…うそっ!う〜〜そっ!!」
嫁「………………晩ご飯ぬき」
千「うそぉぉぉぉ!!」
嫁の下にはアンダーライン、嫁の上には鬼の角が見えた瞬間でありました。
今晩は節分豆だけになりそうです…。
ありがとうございました。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »