ゲイン効果で幸せ発見

謙虚思考

[`evernote` not found]
LINEで送る

■ ゲイン効果?

たまに想像することが、なんとも僕はネガティブなんですよ。
最近はもっぱら「大切な人が去っていく編」です。
「あなたといるなんて、もうこりごり」
そ、そんなぁ…
というフられバージョンから始まって、
「あなた、生まれ変わっても、また…私を見つけてくれますか?……」
嫁ぇ!嫁ぇぇぇええ!
添い遂げてからの死別バージョンまで…何をやってんだか、まったく。
大切な人を失った経験が僕にこんなことをさせるのかは知りませんが、
『思いが現実になる』のが瞬時でないことに、
『引き寄せの法則』が即効性のないものであることに感謝しています。
ま、何はともあれ、この最低とも思えるイメトレですが、あまり悪くはないと考え出しました。
その理由の前に、人が避けられない苦しみについて話させてください。

■ 四苦八苦

人間には避けられない苦しみが八つあります。
四苦八苦がそれですね。
四苦八苦というくらいだから、十二の苦しみがありそうなんですが、そうではありません。
八つです。
老いる、病気、死、の四苦…あれ?一個たりない…あと一個なんだっけ…
あぁ、生きることだ。
生きることが苦しみなんて、ほんとその通りだ、と感じつつ認めたくない部分もありますが、
生老病死の四苦とあと四つをあわせて四苦八苦といいます。
四つはなんだと思います?
一つは求めるものが得られないこと。(求不得苦)
一つは憎む人と出逢うこと。(怨憎会苦)
一つは性欲やら生きる力が活発すぎて苦しいこと。(五陰盛苦)
そして残る一つは?
そう、愛する人と別れる苦しみです。(愛別離苦)
おそらく仏教の思想だと思います。
広辞苑に〔仏〕とありましたが、フランスではないでしょう。

■ 今に焦点を合わせてゲイン効果

四苦八苦は避けられません。
どんなにがんばっても人の力では無理です。
愛する人との別れは必ず訪れる。
「だからってイメトレで予行演習してどないすんねん。」
確かにその通りなんですが、意味がないわけではありません。
こんなイメトレをして焦点が未来に合っていれば、ただ不安をあおるだけです。
逆に過去に合っていれば後悔するだけ。
しかし今に合っていればどうでしょう?
…何かに気づける気がしませんか?

■ ゲイン効果とは

ところで人間の心理効果に、素敵なものがあります。
いきなりですが、イメトレに付き合ってください。
あなたは財布を無くしました。
うわぁ、こういうときに限ってお金おろしたばっかり…くそっ!
あっ、クレジットカード止めなきゃ!!もうっ!
そんなことを考えているうちに駅から電話。
「あなたの財布が届いていますよ」
ラッキー!幸運なことに中身も盗られていません。幸せ♪
嬉しいですよね?
でも、よく考えてみてください。
はじめと何も変わってませんよ?
元のままです。
失ったと思ったものが返ってくる…すると元と変わっていないのに嬉しいんですね。
これをゲイン効果だとかゲインロス効果といいます。
なぜ素敵なのかといいますと、
このゲイン効果のおかげで私たちは本当に大切なものに気づけるから。
失って初めて気づく、その前にです。

■ ゲイン効果で気づく今ある幸せ

愛する人を失ったイメトレは悪趣味な気がします。
でもそこまで悪くないと考えるのは、今ある幸せに気づけるから。
子どもが勉強しない、やんちゃだ、不登校で…、
それは悩みますよね。
でももし、事故で愛する人を失ったら、そんな悩み、いったいなんなんだろう。
そばにいてくれる、それだけで確かにある幸せ。
大切にしたいです。

■ 『ゲイン効果で幸せ発見』まとめ

  • ゲイン効果とは、失ったものが返ってきて嬉しく思う心理効果のこと
  • 愛する人を失ったところを想像してみる
  • 現実に、今いてくれるその人の大切さが判る
  • 一期一会の実践…かな?
  • 【参考】『広辞苑』(岩波書店)

    「嫁さん、いてくれてありがとう」
    「な…なにあんた…きもちわるっ」
    「…………」
    読んでくれて…グスンっ…ありがとう…グスっ…ございました。

    [`evernote` not found]
    LINEで送る

    « »