ウソップに学んだこと

高瀬のアイデアネタ帳


■ 怖い技、ネガティブホロウ

ワンピースご存じですか?
あの、服ではなくて海賊漫画のです。
その中にウソップというキャラがいるんですよ。
主人公で船長のルフィをはじめ、ゾロ、サンジ…もう周りのキャラがとても魅力的で強くて、当のウソップは射撃が得意なんですが弱いのです。
あるときルフィ一味はスリラーバークという、島並にでかい巨大な海賊船に迷い込んでしまうんです。
スリラーというだけあって、船全体がお化け屋敷。
そこで現れる敵にゴーストプリンセス、ペローナというのがいるんです。
これがなんともえげつない技を使ってくる。
技名「ネガティブホロウ」
飛ばされたそのゴーストに触れるだけで極限までネガティブになり、生きる気力すら失ってしまうという。
OTL…
ルフィ「もし生まれ変われるのなら…おれは貝になりたい」
OTL…
フランキー「生きていく自信がねェ…死のう」
OTL…
ゾロ「生まれてきてすいません……」
ゴーストは霊体です。斬撃も炎も打撃もきかない。
orz…
フランキー「そうだ!!ノラ犬などに踏まれたい!!」
orz…
サンジ「サバ以下だ、おれという存在は…!死のう…」
orz…
ゾロ「みなさんと同じ大地を歩いてすいません」

■ ネガティブホロウが効かない男

一味総ネガティブ。戦意喪失。生きる気力喪失。
ペローナがゾンビ達に命令します。
「捕らえろ!!!」
全員お縄か!?というところで起ち上がり、
周りのゾンビに弱点の塩を打ち込んだのがウソップです。
この技が効かないなんて未だかつて無かったこと。
ペローナは焦り、
「なぜだ!!!てめェ なぜひざをつかねえ!!!ゴーストは当たったぞ!!…一体どんな手を使って!!」
ウソップは言います。
どんな手も何も!!!
おれは
元から!!!
ネガティブだァ!!!!

何かの間違いだと、ペローナはネガティブホロウズと四体のゴーストを放つのですが、
ウソップを通り抜けたゴーストたちがことごとくネガティブ負けしてひざまずく始末。
il||li _| ̄|○ il||l
il||li _| ̄|○ il||l
il||li _| ̄|○ il||l
il||li _| ̄|○ il||l
ウソップ「いいかお前ら…
物事をマイナスに考える事において…
このおれを越えられると思うなァ!!!!」

■ 無理に自信もたなくとも、できることはある

ダメな方にめちゃくちゃ自信満々なんですよね、ウソップは。
「自信ない自信ない」と自信が持てない自分をダメに思わなくてもいいと思います。
そこまで頑張って自信を持てないのなら、自信のないことに自信を持ったらいいじゃないですか♪
自信がなくてもきっとあなたには素敵なところがあるはずです。
卑屈にならなくたっていい。謙虚さは武器です。
何が人の魅力になるかなんて一言では言い切れません。
初対面で流暢に話されるより、
口べたでも一生懸命話をしてくれる方に心を打たれます。
自信がなくても、
できることを、
それがたとえどんなに小さくたって、
一つずつやっていけばいいのではないでしょうか。
もう自信がないと愚痴んなくても大丈夫。
「自信がないことに自信満々ですっ!」
って言いながら行動している方が絶対楽しいですから。

【引用】自分のことあまり好きじゃない人
ぼくのこの指とまれ
ムリヤリもう
かわらなくていい
誰かのために何かできる人
明日まで競争しようよ
君の方がずっと早いよ
【出典】『コノユビトマレ』作詞SUGA SHIKAO

長い文、最後までありがとうございました。
『ワンピース』の尾田栄一郎さん、素敵なエピソードをありがとうございました。

■ 合わせて読むなら

  • 使え!ネガティブ思考
  • ゲイン効果で幸せ発見
  • ルフィも達成中毒

  • « »

    コメントを残す