アイスはどこに消えた?

すぐやる人のアイデア


いきなり質問です。
アイスはなぜ溶けるのでしょうか?
温度が暑かったから。氷だから。アイスだから当然…
でも、お母さんに言われてきた答えと違います。

■ アイスはどこに消えた?

【引用】「みなさん、子どものころからお母さんに何べんも言われてきたはずですよ。はよ食べんと、アイスクリームが溶けてしまうで、と。だから答えは、早く食べないから、です」
【出典】サンマーク出版『お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!』P84 著:中村文昭

中川電化産業(株)の河中宏社長のお話だそうです。
この話、どんな風に受け止めますか?
えぇ…僕はこんな感じです。
自分のアイスクリームが溶けた理由を、やっぱり環境のせいにしてしまいがちなんです。僕はね。
「今日は暑すぎんねん!アイスも溶けるわ!!」
でも、溶ける前にさっさと食べればいいんですよね。
冷凍庫から出したらすぐ。
暑いから溶けるのはしょうがない、なんて子どものとき言ってたら、
「はよ食べんからや!!」
とピシッと母に言われていただろうに。
アイスをものにできず消えてしまうのは、溶ける前に食べないからなんですね。
挙げ句の果てに僕ときたら、それを周りの環境のせいにしてしまうのです。あぁダメダメ。
「嫁があんなこと言うから二の足踏んでもたわ」
うん。これ言ったら両方の足を嫁に踏まれることでしょう。
溶ける前に食べよう。そうしよう。周りのせいなんかにする前に。
えぇ、あなたはどうとらえますか?アイスの話。
今回もありがとうございました。


« »

“アイスはどこに消えた?” への2件のフィードバック

  1. うに より:

    こんばんは( ´ ▽ ` )ノ
    このお話好きです。
    「早く食べないから」
    なるほどです。
    何事も環境のせいにしていたらキリが無いですよね。環境がないところはないですから。
    溶けないうちに食べるように努力します。

  2. 千石弥一 より:

    ちわ!(^-^)
    うにさん、僕もこのアイスの話好きです♪
    母親にずっと言われてきたことやのに忘れていて、あらためて「アイスはなんでとけるの?」に目からウロコです。
    忘れてたー!って。
    母は偉大だ。

コメントを残す