やっぱり後悔のススメ

自分ブランディング

[`evernote` not found]
LINEで送る

【概要】上手な後悔をしよう。うじうじ後悔して、次に「どう」やってやるかを思い浮かべよう。

■ 後悔のススメ。脳科学。

【引用】普通、「後悔」の感情はネガティブなことで、あまり抱かない方がいいもののように思われています。しかし、「後悔」することが、実は人の成長に深くかかわってきていることが、最新の脳科学の研究で分かってきました。
【出典】PHP『脳は0.1秒で恋をする』P173 著:茂木健一郎

茂木健一郎さんの本は面白いですね。今回も茂木健一郎さんの話から。
後悔ってイヤですよね。本当にイヤ。
「どうやって生きていきたいですか?」
という問いに、
「後悔しない生き方をしたいです。」
と答える人も多いのではないでしょうか。
僕も積極的に後悔はしたくありません。
それでもしてしまう、あまりにもしてしまうもんで、
「ヒトは後悔する生き物である」
という名言チックなものを広めたいともくろんでいます
ヒューマン、イズ、後悔クリーチャー♪
…で、それを後押ししてくれているのが、茂木健一郎さんです。

【引用】後悔している時に、特に活発に活動していたのは、大脳新皮質の眼窩前頭皮質。脳の中でも環境の変化に対応する、適応力を司る場所だったのです。
つまり、「後悔」するということは、環境の変化に対応し、自らを成長させることだったのです。
【出典】PHP『脳は0.1秒で恋をする』P174 著:茂木健一郎

脳科学で証明されているなんて素敵でしょ?
「後悔する自分が嫌い!!」
と言っているあなたにも光が見えてきた気がしませんか?
後悔こそ、成長の原動力なんですね。
でも、その後悔にもコツがあるみたい。

■ 上手な後悔のススメ

【引用】自分を成長させるためには、実際に、起こってしまったことだけを考えて「あの時は、残念だったな」と思うだけでは駄目なのです。
同時に、「こういうふうにやれば、うまくいったかもしれない」という仮定を、具体的に想像してみるのです。
そうすると、ふたつのことが起こります。
ひとつは、いわゆる「失敗から学ぶ」ことです。(中略)
ふたつ目は、「自分の価値観が根底から変わるきっかけになりうる」ということです。
【出典】PHP『脳は0.1秒で恋をする』P176-177 著:茂木健一郎

つまり、
「なんであんなことしてもたんやろ…」
ではダメで、
「あぁすればよかった!!ちくしょう!!」
とやればよいということですね。
「あぁしとけば、こうなってああなって、今頃あんなことになっていたのに!!もうっ」
いっぱい後悔すれば、そのイヤな感情を二度と味わいたくないので、身にしみます。
どうせ失敗するなら、少しは学びたい、うん。
転んでもタダでは起きんぞ!もうっっ!!
「価値観が根底から変わるきっかけ…」ということも起こるみたいですね。
一つの行動を選ぶにも、自分の価値観がひどく影響してくるものです。
後悔により「いつもと違う行動を選ぶことを学習する」ということは、もともとの価値観自体を変えることにもなりうるのですね。
今まで自分が選ばないものを選ぶ自分に成長するのだから。
「やるんじゃなかった」だけでなく、「次からはこうしてやる!そしたらこうなるはずだ!!」というような前向きな後悔をしてみませんか♪
そんな後悔を続けたなら、脳の中から成長していけるかもしれません。
後悔も捨てたもんじゃない。
レッツ後悔♪
ありがとうございました。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »