たった2文字で「あなたのためならなんでもする!」を伝える方法

自分ブランディング


■ ご飯の話

最近家族が増えたこともあって、ま、娘が生まれたのですけど食生活が変わりました。
嫁と二人暮らしのときの食事。
私、独り暮らしのときの食事。
赤ちゃん増えて、三人暮らしになった食事。
質を縦軸、時間を横軸にとって折れ線グラフにすると見事なVを描きます。
独り暮らしのときが、ガクっと落ちるのですね。
質っていうか…作るの面倒で抜くことの方が多かったという。独りのときはね。
ここが今回の話のポイントなんです。

■ 人は喜ばれるために生まれてきた

何のために生まれてきたんだろう?
これは、それこそ十人いれば十人の答えがあると思います。
「自分でしょ!自分が幸せになるために生まれてきたんだ♪」
僕はそう思っているのですが、小林正観さんの答えも好きです。

【引用】私たちが生まれてきた目的は「いかに喜ばれる存在になるか」ということ。
【出典】中経出版『100%幸せな1%の人々』P94 著:小林正観

ご飯って、うち帰って独りなら作る気しないんです。抜くか簡単な弁当買うか。
でもたとえば友だちが来るってなると買うにしたって、
「ちょっとしたもの用意するかね…あの人酒は…ビールかな」
今日は無しで…なぁんてすませたりしないんですよね。
これ、
「私、自分のために生きてます」
っていっても、「喜ばれたい」「誰かのためになりたい遺伝子」がうずいてる。無意識でそうしてしまう。
誰かのためやったら、何か食事を用意してしまう。
独りなら、
「テキトウにすまそ」
となるのにね。
これは「人に喜ばれると嬉しい」からです。そりゃもう遺伝子レベルで。
だから「自分のため」「自分のため」をつきつめると、どっかでひっくり返って、「人のため」になっちゃう。
「人が喜ぶのが嬉しいので自分のためにやってます」
みたいな「え?どっち??」状態。
この「どっち?」状態が実はとてもバランスのとれた幸せな状態であるのだと知りました。
「自分のため」がコインの表なら、「人のため」がコインの裏です。二つで一つ。どっちも大切。
平面でしか見えてなかったコインが立体感を持って見えてくる感じがします。
相手が喜ぶと自分が嬉しい。自分が嬉しいからもっと相手を喜ばす。また相手が喜んで自分がさらに嬉しくなって…
もうどんどん素敵なスパイラルが回り、幸せの渦を昇っていきます。

■ あなたのためならなんでもする!

で、話を戻します。ここからは中村文昭さんの話。
喜ばれるためには、人から何かを頼まれたとき、相手の予測を上回ってお返しするのが一番です。
押しつけのプレゼントは、喜んでもらえることもありますが、ありがた迷惑なこともある。
頼まれたことをしっかりやる。相手の予測を上回る出来映えでお返しする。
これが感動させる秘訣でしょう。
そのためには
「あなたのためならなんでもする!」
というのをベストなタイミングで伝えていくことが大切。
ベストなタイミングとは、頼まれた瞬間です。
その頼まれた瞬間に「あなたのためならなんでもする」と伝えれば、頼まれやすい存在にどんどんなっていける。
「伝えるって、口で『あなたのためならなんでもする!』なんて言えってこと?恥ずかしいよ。そんなの」
大丈夫です。ぜんぜん恥ずかしくありません。たった2文字です。
「はい!」
でね、この「はい!」の言い方にポイントがあるみたい。
相手が、
「頼みたいことがあるんやけど…」
「はいよ!引き受けたで!!」
こんな感じです。するとこうなります。
「まだ用件いうてないのに何やお前」
「お前の頼みを俺が断ると思うか?引き受けた!なんでも言うてみ!」

【引用】「はい!の返事は0.2秒以内」
【出典】話:中村文昭

難しいことは何もいらないんですね。
「は」と「い」の二文字で、相手のことをどれだけ大切に思っているのかを伝えられる。
たいてい人は用件を聞いてから返事をします。僕もそうです。
でも「相手を大切に思うこと」「あなたのためならなんでもする」を伝えるには、用件を聞く前に返事してしまうのがいい。
「そんなこといったって。なんでもできるわけではないし…」
自分にできないことを人は頼んでこないようです。
だから何も心配しないで、コンマ2秒で「はい!」をいえばいいみたい。
親友、恋人、あなたの大切な人からの頼みごとから始めてみてはいかがでしょう。誰からでも、というのは難しいけど、そこからなら僕もできる気がしています。
それになんだか素敵です。
長い文章最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。


« »

“たった2文字で「あなたのためならなんでもする!」を伝える方法” への2件のフィードバック

  1. きょんこ より:

    これは、素敵な話ですね。早速つかわせて頂きます。どうせ引き受けるなら、気持ちよく、ですね。
    それにこちらの思いも伝わりますしね。
    でも、主人からの、こずかいの値上げ要求だったら、どうしましょう 。

  2. 千石弥一 より:

    そりゃもう間髪入れず
    「はいよ!引き受けたで!」
    ですよ♪(主人の会代表)
    でもいいでしょ?これ(^-^)
    中村文昭さんは、親友にこれを言ったらしいんですが、
    「あのさ実は」
    「よっしゃ、引き受けたで!」
    「なんや文ちゃん、用件いう前から」
    「お前の頼むこと断るわけないやん!だから引き受けたで♪で、なに?」
    「すまん、なんかこれじゃカッコ悪いから、文ちゃんに頼むのは、ほんまどん詰まりになったときにするわ!じゃ!」
    友情感じたそうです。

コメントを残す