くだらないアイデアの作り方

アイデアの作り方

[`evernote` not found]
LINEで送る

【引用】
「洗剤に金銀パールが入っている」とか「犬の言葉を翻訳するマシン」とか、一見くだらなくてすごいアイデアは、「正解」を求めているとなかなか出てきません。

【出典】扶桑社
『すごいやり方』
著:大橋禅太郎 倉園佳三

■ くだらないを楽しむ

くだらないアイデアを出してみませんか?
大多数の人は「くだらない」と言って切り捨ててしまいます。
そんなアイデア出してみませんか。
素敵なアイデアを初めから出そうとすると、体も脳も萎縮してしまいます。
萎縮した脳がベストパフォーマンスをできるわけがありませんよね。
なら遊び心満載で、ツッコまれる快感を得るぐらい勢いで『くっだらないアイデア』を出してみましょう。

■ 出すだけで少数精鋭

くだらないアイデアは心ない人、もしくはあなた自身に切り捨てられます。
でもね、出すだけで大多数の人から抜きんでる。
なぜなら、多くの人は出そうともしないから。
最高のアイデアを「うぅぅん。うぅぅぅぅん」と考えて一つも出ない。
誰にでもある経験ですよ。
とりあえず、くだらないことでいいから出してみませんか?
遊び半分で。
質を目指して一つもでないより、
量を出して、そこから質を見出す方が良か良かです。
くだらないアイデアの中に宝石がある

■ くだらないアイデアの作り方

『すごいやり方』に載っていた方法を紹介しますね。
●とりあえず優等生が出すようなアイデアを出し尽くします。
熟考してください。もう出ない…ってとこまで考えます。
●では、1分で後5つ、くだらないアイデアを出すと決めてやってください。

【例題】
レンガがあります。この使い方を考えてください。

無限に出せます?
ありがとうございました。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »