いっちょやってみっか!

自分ブランディング

[`evernote` not found]
LINEで送る

【引用】
off the beaten trackを確実な最初の一歩にするために、次は「Try everything once」。そう、やってみることです。

【出典】中経出版
~短時間で成果をあげる
『できる人の勉強法』
著:安河内哲也

■ お前はもう、デキている

前回に引き続き、安河内哲也さんのお話
何にでも最初のステップがありますよね?
今あなたが生きているのは生誕があってこそです。
もっと言うと、お父さんとお母さんの…、ま、いっか。
今字が書けるのだって、ネットができるのだって、
最初のステップがなかったら、できてないっちゅうことですね。
これからやろうとしてることもそう。
最初のステップがあるから、はじめの一歩を踏み出すからできるようになる。
言わば種ですよ。
種撒かないと始まらないんです。
で、その種を撒いた時点で目標の半分は達成できてる。
〈もし100のステップがあるとしたら、最初の一歩を踏み出した時点で、目標の半分は終わっています。〉
一歩を踏み出した時点で、
「お前はもう、死んでいる」
ならぬ、
「お前はもう、デキている」

■ やってみないとわからない

神ではないので、先のことは分かりません。
「自分にはファンのつくブログなんて書けないよ」
やってみないとわからないですよ。
そんなこと言ってないで、ひとつ記事書いてみましょうよ!
ブログ立ち上げてみましょうよ!
小さくてもかまわないんですよ。
どんな小さな種が大樹になるか分かりませんからね。
小さな一歩の中に、これからの全ての成功、楽しみがつまってるんですから(^-^)
遊びごころで「とりあえずやってみよう!」
〈やってやれないことはない。やらずにできるはずがない〉(斎藤一人)

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »