あの嫌な奴を撃退する方法1

謙虚思考

[`evernote` not found]
LINEで送る

■ ツレのツレはツレ

片道400kmを車で飛ばして親友が遊びに来てくれました。
その親友が教えてくれた島田紳助さんのお話を紹介させてください。
紳助さんはもともとチンピラだったそうですね。
肩で風を切って、そこらへんにガン飛ばしながら道のド真ん中を練り歩いていたそうです。
すると向こうの方から同じようなチンピラが歩いてくる。
(うちんとこと違う学ラン…うっわぁ、強そ…)
弱かったらしいんです、紳助さん。
でも今さらイカらせた肩をすぼめ、飛ばしたガンを地に落とし、大きく開いた歩き方を内股に変え、真ん中から端の方を歩くわけにもいきません。
チンピラ「なんやわれぇ!!」
島田紳助「われこそなんじゃっ!」
チンピラ「なんやとコルァ!!」
紳「お前、鬼塚のこと知っとんか?」
チ「しらんわ!」
紳「そんなら、○高の五十嵐は?」
チ「そんな奴しらんわ!」
「斎藤は?」「知らん」「佐伯は?」「知らん」「五味は?」「知らん」
(うわぁ、なんでこいつ知らんのや…やばい、ストックが無くなってきたやないか…)
紳「それやったら、○高の本条は!?」
チ「あぁ、そいつなら知っとうわ」
紳「なんや!あいつのツレかい!ワシもあいつのツレやねん♪」
チ「おっ…おぉ…」
紳「ワシ、島田いうねん。そっちは?」
チ「佐々田や」
(うぉっし!成功。次は佐々田も使えるわ)
ツレのツレはツレ。二人は方を組んで、もう友だち。
大阪という風土もあったかもしれませんが、チンピラを仲間にしちゃうみたいなんですね、紳助さん。
度胸もあるけど、頭もいい。さすがです。
(ちなみに名前は全て仮名ですので、気になさらないでください)

■ 素敵な人を集める幼なじみ

これまた幼なじみに鐘さんという方がいらっしゃるんですが、
この方と久しぶりにお会いして話たり、記事を読んだりしているうちに気づいたことがあります。
素敵な口ぐせを持ってらっしゃる。
「なんだかわかんないけど、私の周りは素敵な人が多いのよ♪」
集まってくるんだそうです、素敵人が。
彼女の書く職場の風景はいつも暖かく、日常を書かれるときも、本当に素敵な人ばかりが登場してくるんです。
これはどういうことでしょう?
ただ鐘さんは運がいいのか?
そうだと思います。
でも、運を引き寄せているに違いない。
そして、人の気づかない幸が見えているに違いないのだと思うのです。
その理由のいくつかを説明させてください。

■ セレクティブメモリ

運を引き寄せている…
「素敵な人が集まってくるのよ」
という口ぐせ、考え方が本当に素敵な人を集めてしまっている…
ということの説明は「引き寄せの法則」におまかせします。
では、人の気づかない幸が見えているに違いない、ということについて。
これは脳の仕組みに関係しているのだと思います。
セレクティブメモリという効果が脳にはあるらしい。
どんな効果だといいますと、「強く意識したものを記憶に残し、それ以外を忘れてしまう」という効果ですね。
漫画を読んで集中しているとき、横から誰かが話す言葉は耳には入っています。
でも、聞いたことすら覚えていない。
こんなことはありませんか?
時計を見ると、自分の誕生日であることがよくある。
これもセレクティブメモリです。
何回も時計を見ていて、他の時間も何百回と確認しているはずなのに、その中の2、3回あった自分の誕生日だった瞬間のことだけ記憶に残っている。
だから確率的には他の時間と変わらなくても、自分の誕生日の時間はよく確認した気になってしまうんですね。
鐘さんの話にも同じことがいえないでしょうか?
素敵な人を強く意識した鐘さんは、人の素敵な部分が記憶に残り、その他の部分はどこかへ流れていってしまうのかもしれない。
だから、鐘さんは素敵な人に囲まれている。
まだ理由があります。
そして、それが嫌な人を撃退できる方法に繋がっていきます…
が、長くなりましたので続きは次回。
またあなたとお会いしたいです。
ありがとうございました♪

■ 「あの嫌な奴を撃退する方法2」を待つ間はこの記事を

  • 引き寄せの法則
  • 情報の集め方~意識すれば見える。聞こえる。~
  • 匿名性の原理でチンピラから脱出
  • [`evernote` not found]
    LINEで送る

    « »