あなたは世間の奴隷?

高瀬のアイデアネタ帳

[`evernote` not found]
LINEで送る

【引用】
弱者は世間の除け者にされ、場合によっては世間から糾弾されます。にとっては、世間は冷酷です。
そんなとき、弱者にとっては○○や○○が一つの武器になります。
(○は千石)

【出典】集英社新書
『「狂い」のすすめ』
著:ひろさちや

■ みんな弱者

権力のある人、
社長さんやら大臣、親方、親分…
彼らは強者でしょうか?
いやぁ、それこそ僕なんてあの人たちにかかったらプチって潰される。
そんな彼らだから強者だと思いますよ。
でも、弱い。人間だもの。
不正の一つでも見つかればボコボコにされる。
強者が堕ちていくところを人は見たがるから、小物が叩かれるのとはワケが違う。
服を脱げばみんなすっぽんぽん。
体まで脱いじゃって無常の世界までいけば、誰が違いをわかるんでしょう。
そんなこというてもはじまりませんか。僕らが生きているのはこの世ですしね。
では、弱者に意地悪な世間にどう対抗していったらいいか?
世間と闘う武器はあるのか?
あるみたいです。

■ 弱者の武器

ひろさちやさんは『「狂い」のすすめ』で、こうおっしゃいました。
〈わたしは思想・哲学というものが、苦しみの現実と闘う武器になると思います。〉
武器といっても、
「世間の野郎!ブッ壊してやる!!」
というのではなくて、むしろ防具のようなものであるのかなぁ。

■ あなたは世間の奴隷?

人の目って気になるじゃないですか。
だから親は子供に、人並み(以上)の成績をとって、普通に就職してって願います。
人並み、人の目、常識、人様に顔向けできない、
色々な言葉がありますが、要するに縛られてるんですね。
世間の目が気になる…それは世間の奴隷になってるということ。
人に誉められたいからやる…
それは、その人の奴隷になってる。
あなたは奴隷ですか?
僕は毎日奴隷になっちゃってます。
誉められたいからやってる…そういうことよくあるから。

■ 主人公になるには?

周りと同じでないといけない、
普通じゃないといけない、
大多数でいたい、
そんな気持ちが、あなたを奴隷にします。
流されっぱなし。
奴隷、やですよね?
ただでさえ意地悪な世間ですよ?
そんな奴の奴隷にならず、主人になりたいです。
いつもじゃなくてもいいから。
そんなとき、哲学・思想の出番です。
世間の常識みたいなものに流されない、イカリの役目を果たしてくれるんですね。
「これが俺の哲学だ!思想だ!信念だ!」
というものを探してみませんか?
見つからないよ!といわずに。
探したこと、ありますか?
ない?持っているとかっこいいので探してみてください。
見つかるまでは、とりあえず念仏のように
「俺は奴隷じゃない。奴隷じゃない。主人だ、主人公だ!」
と言い聞かせてやりましょう。
顔つき変わりますよ♪
ちなみに僕の信念は…またの機会に。
ありがとうございました。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »