あなたが私に勇気をくれる

進路に迷うあなたへ


すみません。本日は番外編で…というか趣味です。
もし、小学校の先生が卒業文集に載せるとしたら…、というエッセイ。
シチュエーションエッセイですね。
ではどうぞ、よろしくお願いします。

■ あなたが私に勇気をくれる。

「そうか、もう卒業なのか…」
私にとってこの思いが意味することは『別れ』。
うかんでは消えを繰り返すこの二文字のせいで、なかなか文書が進みません。
目がうるうる滝のよう、鼻水がとまらぬ大洪水、部屋中が涙と鼻水で水浸しになってきました。少し汚い。
だからいつもどおり変な話をします。パソコン爆発の話。
パソコンが苦手な人っています。私もそうだったのですが、苦手な人は最初パソコンのボタンにふれることができません。
なぜか?
答えはボタン一つ押すだけでボンっ!
爆発しちゃいそうな気がするから。
壊したらどうしようという恐怖があるんです。そんな人がパソコンに慣れるために必要なのは、
「大丈夫。爆発しないよ。」
という一声。
すると不安が消え、さわれるようになります。

【引用】どんなに間違ったキーを叩いても、爆発したりしません。故障したりすることすらありません。人生も同じです。
【出典】ダイヤモンド社『中谷彰宏名言集』P184 著:中谷彰宏

中学に行けば、いろいろな「初めて」をあなたは経験することになるでしょう。そんな中「大丈夫だよ」と言ってくれる先生、友だちは宝物です。そんな宝物をたくさん見つけてください。
この小学校に私が初めて来たとき、全校の前では
「みんなに会えるのを楽しみにしていました。」
と言いました。
でもそれは半分嘘です。
本当はみんなに食べられてしまうんじゃないか?と不安でしかたがありませんでした。
そんな不安を「大丈夫だよ。」とほぐしてくれたのは、あなたたちです。
あなたは私の宝物。これから誰かに「大丈夫だよ。」と感じさせてあげる人でいてください。
誰かの宝物でいてください。
卒業、おめでとう。

■ ありがとうございました

変なものに最後までつきあっていただき、ありがとうございました。
アイデアホイホイを、これからもよろしくお願いします。


« »

コメントを残す