あなたが意欲を忘れた理由

高瀬のアイデアネタ帳

[`evernote` not found]
LINEで送る

【引用】
意欲というのは何も特別なものではなく、ごく当たり前に人に備わっているものです。なのにどうして大人になると、この意欲を忘れてしまうのでしょう?それは…

【出典】PHP研究所『感動する脳』
著:茂木健一郎

■ 『感動する脳』

本を読みまくっています。
でも、このところ「こんなに読んでどうするの?」
みたいな声が頭の中で響いていまして、
…意欲が無くなっていたんです。
虚しくなってきまして。
知識に出会う感動も少なくて「あぁ…またか」と。
そんなときに手に取ったのが茂木健一郎さんの『感動する脳』でした。
『ひらめき脳』以来ですね。茂木さん、お久しぶりです。

■ 感動できない理由

なぜ感動できないのか。
それは僕の呟きに集約されています。
「あぁ、またか…」
乱読のおかげで、幸か不幸か知識慣れしてしまっていたんですね。
だから「同じこといってる…」と。
人は予想外のことに驚いたり、度胆をぬかれたり、動揺したり…つまり感動するもんです。
想定内だと感動がない。
ほら、ミステリーとかで「こいつ…犯人っぽいなぁ」って、そのまま犯人だと興醒めでしょ?
〈不確実性の要素が減っている〉
茂木健一郎さんの言葉を借りればそういうことです。
不確実ではないから、予想の範囲内だから、びっくりしない。
感動を得られないなら、次の意欲につながらないんですよ。

■ 不確実性をせばめる原因

知識・体験が積み重なると不確実性が減ります。
つまり予想内のことが増える。
それが大人になる、ということかもしれません。
子供は何もかも新鮮だから、初めてだから意欲に満ち満ちています。
しかし想定内のことが増えるのは悪いことではありません。
「火にかけたフライパンを触るとどうなるか?」
予想できなければ大火傷です。
でも僕みたいな状態はいかがなもんでしょうか?
感動しない原因、不確実性をせばめている原因は、
ただの知識の蓄積によるものでしょうか?
絶対違う。
僕より本を読んでいる人なんて、五万といるでしょ?
「あぁ、次は何読もうかな♪」
わくわくしている人は星の数ほどいるはずです。
知識の量が原因じゃない。
研究者や学者の人などは、
どれほど知識を蓄えようが「知らないことが多すぎる!真理がみつからない!」
すさまじいまでの知識量にもかかわらず、頭を抱え苦悩していても、意欲バリバリのはずです。
なんで僕が感動できないのか?
それは慢りです。
傲慢さですよ。

■ 意欲を忘れてしまう理由

経験を積むことは素晴らしいことです。
でも、その経験を支えとして傲慢になるのはいただけません。
「よく年配の方で『教えてやろうか』って顔の人たちがいるじゃないですか。
上から見てる…といいますか。あの人たちは行くとこまでいっちゃってるんですよね。
成長が止まってる…もう限界が来てしまっているんですよ。」
そのようなことを言ったのはイチローさんです。
傲慢さは、意欲をそぎ、感動を奪い、限界を設け、成長を止めます。
本を読む気力を失っていた僕のようにです。
【引用】
どうして大人になると、この意欲を忘れてしまうのでしょう?それはおそらく、新しいものなど何もないと脳が勝手に思い込んでいるからです。

【出典】PHP研究所『感動する脳』
著:茂木健一郎

新しいものが何も見えなかったのは、僕の目が閉じていたから。
傲慢という目隠しをしていたからです。
どんなものにも新しさはあるはず。
どんな本からも自分は学べる、学ばなければいけない…
そう、あらためて思い直していました。
茂木健一郎さん、ありがとうございます。
ここまで読んでくれたあなたも、ありがとうございます。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »