【教訓】教育の第一歩

アイデアフレーズ


自分のことをアホやと思っています♪
でも、そんなに卑屈な感じでもなくて、アホもなかなか悪くないみたいですね。

■ アイデアフレーズ

【引用】自分の無知を認めることが教育の第一歩である。この点についてソローが教えてくれている。
「自分の知識をひけらかしてばかりいたら、成長にとって必要な自らの無知を自覚することなどどうしてできるだろうか」
【出典】キング・ベアー出版『7つの習慣』P36 著:スティーブン・R・コヴィー 訳:ジェームス・J・スキナー 川西茂

偉そうな人…偉い感じに見える人に色々なことを教えようとは、恐れ多くて思えません。
先輩にも、なかなか教えるってのは面と向かっては難しいです。
だから自分が偉く見えたり、先輩であったりすると、それだけで少々学ぶ機会を失っているのでしょう。
そんな中で、自分より格上に感じる方が、
「けんちゃん、助けてぇ〜!教えてくれぇ〜〜」
なんてやられると、ますます「この人には勝てないな」と感じます。
雲の上にいるかとこっちは思っているのに、僕からすら学ぼうとするのだから、どんどん追いつけなくなっちゃう。
まぁ、それにしたって本当に偉い人が、偉そうにしているのはまだいいと思うのですが、僕のような者がそれこそ知識をひけらかして学びを遠ざけるのはもったいないことでしょう。
偉いふりして学びを遠ざけるなら、今のようにアホやと思われている方が、どんどん自分を磨いていけるってもんです。
自分をアホと思い、またアホだと思われるのも、なかなか捨てたもんじゃありません。
ありがとうございました。


« »

コメントを残す