【感情】幸せの見つけ方

アイデアフレーズ


■ アイデア引用文

【引用】適度な不便、適度な不満、適度な不幸があるからこそ、人は喜びや幸せを感じられる。つまり、人生の喜びはそうした「欠けた部分」にあるということだ。
【出典】サンマーク出版
『下を向いて生きよう。』
著:安田佳生

■ 人が幸せを感じるのは…

安田佳生さんの話が大好きです。すぅっと落ちてくる感じがしますもん。
この本もとってもオススメ。

人は、最初からできることには、喜びや幸せを感じられない。

初めっからできることに喜びを感じられる人は少ないと思います。
「あぁ、日本語しゃべれる♪なんて俺は幸せなんだ」
なーんて日本人はあまりいないでしょうし、
「私、呼吸できるんです。すごいでしょ!」
という方も見かけたことがありません。
どんなときに人は嬉しいかというと、

  • できなかったことができるようになったときだったり、
  • 欲しかったもの(持っていなかったもの)が手には入ったときだったり、
  • 悩んでいたことが解消したときだったりします。
  • ■ 完璧に満たされるという不幸

    逆にいうと、完璧に満たされた状態に長く居続ければ、人は幸せを感じることができない、ということでもあります。
    満腹感がずっと続けば、人は食べる喜びを忘れるでしょう。
    こうして考えると、幸せの在りかが判ってきます。
    そう、きっと空腹になれることにこそ、幸せが隠れているんです。
    できないって…幸せだなぁ…
    ちょっぴり、そう思えませんか?


    « »

    コメントを残す