【心得】念を入れるとは?

アイデアフレーズ

[`evernote` not found]
LINEで送る

■ 念を入れるとは

〈過去の人は今、目の前にいません。未来の人もいません。いま目の前にいる人が大事。これが「念を入れる」と言います。大事なのは「今」の「心」です。〉
【出典】風雲舎『釈迦の教えは「感謝」だった』
著:小林正観

■ 念を入れるで思うこと

「…あぁ…おぅ」
目の前の奥さんの話を上の空で、明日の仕事について考えてるときがよくあります。
耳が痛いなぁ。
過去、未来に振り回され、今を疎かにしてしまうことってよくあります。
何かできるとすれば、今しかないんですよね。
過去のことは変えられないし、未来に行って手を加えるわけにもいけません。
一番大切なのは今。
そして今できることを一生懸命やる。ただそれだけ。
そういえば、人は本来の苦しみを三倍にして背負っているそうです。
例えば注射。
過去の痛み「あのとき痛かったぁ」
現在の痛み「やっぱり痛いやん」
未来の痛み「この痛みがしばらく続くんだ…」
今の痛みはまぁしょうがないとしても、残り二つは勘弁したいもんです。
過去を後悔することない。
未来を不安に思うこともない。
今できることをやる。
とりあえず一番大切な、今、目の前にいる人を喜ばせるとこからやってこうと思います。
嫁「って話聞いてるの?」
私「ごめんごめん!大好きやで♪」
嫁「はっ?」

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »