【仕事】天職は見つけるもの?

アイデアフレーズ

[`evernote` not found]
LINEで送る

■ アイデア引用文

【引用】海の水は、どこでもしょっぱいんだよ。(中略)
だけど、「海の水でもね、天然の塩には甘味がありますね」ぐらいの凝ったことを言ってほしいんだよ、俺としては。(中略)
仕事が辛くってって言うけれど、辛いに決まっているんだよ。
辛くてやりたくねえから、こっちも金払ってるんだよ。
楽しくてしょうがないんだったら、金もらいたいよ。
金もらうっていうのは、辛くて大変に決まってるの。
そんなのは当たり前なの。
そこに喜びを見出すの。
【出典】三笠書房
斎藤一人 人生が全部うまくいく話
著:斎藤一人

■ 引用文からひらめくアイデア

朝、布団から出るのが非常にツラいです。
特に月曜日の朝。
「行きたくなーいー!」
「やーだー」
「いーやーだー」
と、独り布団の上で手足をバタバタさせながら駄々をこねていると、
フッ、
我に返る瞬間がきます。
冷ややかな嫁さんの視線が刺さる。
「かわいくないか…こんなこと俺がやってても」
とか言い訳しつつ、仕事に向かうんですが、思うことがあります。
…働きたくても仕事がない…あのツラさに比べたら、何をもったいないことを言うてんねやろ。
ツラくてしょうがないのなら、辞めればいいと僕は思うのですね。
それは仕事だって、学校だってそう。
ツラさにも種類があって、どうしても自分には耐えられないものというのがある。
でも忘れてはいけないのは、辞めたら辞めたなりの、
新しい場所には新しい場所なりのツラさがあるんですね。
海水はどこもしょっぱい。
電車に揺られていると、
あのサラリーマンも、あの憂鬱そうな女子高生も、
ツラいツラい言いながら耐えてがんばってんだなぁ、と思います。
そうやって耐えているうちに、そんなツラさの中に楽しさが見い出せるのかもしれない。
「今の仕事?楽しいさぁ~」
と言えるかもしれない。
面白くないなら、面白くしてやる!
天職じゃないなら、天職にしてやる!
ということでしょうか。
そんなレベルに達したいなぁと思いつつ、
「やーだ!やーーだっ!」
心中で叫びながら、イヤイヤ仕事に向かうレベルの僕です。
ありがとうございました。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »