「批判にひどく傷つきます」というあなたへ

自分ブランディング

[`evernote` not found]
LINEで送る

■ 批判二日酔い

人からの批判にひどく傷つくという方いますか?
「はいはいはいはい!僕です♪」
僕もそうなんです。人から批判されると…うん、一日ダメになっちゃうな。次の日まで引きずって二日酔いみたいになってね。
「俺なんて…」ちーん。
でもこんな話を聞きました。

■ 批判のたとえ話

これを読んでくれているあなたは、きっと腐っています。
会ったことないくせに?いや、わかります。腐っています。
…なんて、僕に言われて信じますか?
「そっか…私、腐ってるんだ…」
なんて思いませんよね。でも、なぜ?
なぜ僕の言葉は信じてくれないんでしょう?
「え!?それは…」
僕の批判を受け取ってくれないわけです。
他の人の批判は受け取るのに、僕の批判は受け取ってくれない…。
傷つきました…。
あなたは腐ってるだけじゃなく、不公平な人間だ!!
なんてね。遊びなんですけどね。
これは『バシャール・ゴールド』という本の中の対話の一部です。

■ 誰もあなたを批判できない

【引用】誰からの批判も受け取る必要はありません。
もし誰かから言われた批判に対して何か感じるところがあったら、それは「批判されるべきだ」とあなたが思い込んでいて、そして自分自身を批判しているからです。
【出典】VOICE『BASHAR GOLD(バシャール ゴールド)』P315 著:バシャール(ダリル・アンカ) 訳:関野直行

批判されたとき
「自分はダメなんだ」
と落ち込むのは、もともと自分でそう考えているところがあるから。
「あいつのせいで、こんなに落ち込んでいるんだ!」
というのは、あまりないみたい。
僕に言われて落ち込まないのは、その言葉を受け入れないから。
近しい人に言われて落ち込むのは、その言葉を受け入れているから。
全ては自分が受け入れるか受け入れないか次第。
だから、批判を受け入れて落ち込むことはないのでしょう。
あなたを批判できる人は誰もいない。いるとすれば、あなた自身のみということです。
僕も記事を書いていて、コメント、メール、ツイッター、フェイスブックにて色々なお便りをいただきます。
100ある素敵なお便りの中に一通あるかないかなのですが、それでも批判をされることがあって、そのときは落ち込みます。でも、
「思い当たるフシがある」
から落ち込むだけ。だから、すぐに「ありがとうございます」で反省し改善して次にすすめばいいのでしょうね。
思い当たらなければ、
「なんでそんなこと言うねん!」
なんて怒ることもなく、ただ流していればいい。傷つくことはないのです。
「おまえの母ちゃん、でぇべぇそ!」
なんて言われて、でべそじゃないんだったら「違うよ」ってだけだし、でべそだったら「そうだよ」ってだけでございます。
勉強になりました。
バシャールさん、ありがとうございます。
久しぶりの長い文章を読んでいただき、ありがとうございました。

[`evernote` not found]
LINEで送る

« »